乾燥肌だと思っていたらアトピー性皮膚炎だった!?

乾燥肌だと思っていたらアトピー性皮膚炎だった!? アトピー性皮膚炎というと子供がかかる皮膚疾患というイメージがあると思いますが、そんなことはありません。 大人になってからある日突然発症したり、治ったと思ったものが再発します。


また「アレルギー増加の背景」でも触れましたが、子供のころからずっとアトピーが治らない人もいるみたいです。


今回取り上げるのは、大人になってから突然アトピーを発症するケースです。乾燥肌だと思っていたらかゆみがひどいし、 皮膚がジュクジュクするしで、皮膚科にいったらアトピーだったという話は多いんですね。


大人のアトピー(=成人型アトピー性皮膚炎)の特徴は、顔を筆頭に上半身にでてきます。 ひざやひじの内側に症状があらわれる子供のアトピーとはココが違います。目の周りがかゆいとか赤みを帯びているという場合は要注意ですね。 もともと乾燥肌傾向にある人で、さらにアレルギー体質だという人に起こりやすいです。


普通の乾燥肌との違いは、「かゆみ」だと思います。ただでさえ、バリア機能が低下した乾燥肌は外部刺激の影響を受けやすく、炎症が起きて、 「かゆみ」を感じやすいのですが、アレルギー反応もあると余計に炎症がひどくなるので、我慢できなくなるぐらいの「かゆみ」があります。


心理的なストレスがかかったときにかゆみが増したり、お風呂上りなど体が温まったときにかゆくなるというのは、 典型的なアトピーの症状です。引っ掻いてもますますバリア機能が壊れて肌の状態が悪くなるだけなので、早急に皮膚科にいって炎症を抑える塗り薬をもらったほうがいいです。

大人アトピーは薬物療法とストレスケアで治療する。

大人アトピーは薬物療法とストレスケアで治療する。

大人アトピーは、薬物療法とストレスに対するメンタルケアの二本柱で治療することが多いです。


軽微なアトピー性皮膚炎であれば、ワセリンやヒルドイドローションなど保湿剤を使ったスキンケアだけでも 良くなるケースがありますが、炎症がある程度のレベルのものであれば、薬物療法は必須です。


炎症を抑える塗り薬としては、ステロイド外用薬とタクロリムス軟膏を使用することが多いです。 薬物療法が不十分だと治療効果はまず上がりません。かゆみを止めないといつまで経っても掻いてしまうので肌のバリアが回復しないからです。


ストレスに対するメンタルケアというのは、ストレスを感じると掻破行動(触る・掻く・こする)が起こりやすいことから、 自分が何にストレスを感じているのか「自覚する」ことからはじまります。


どういうときに肌を引っ掻いてしまうのが意識できれば、掻破行動を大幅に減らすことができるんですね。


薬物療法とメンタルケアが揃って、はじめてアトピー性皮膚炎は快癒していくものですから、「乾燥肌ではなさそうだと思ったらすぐに皮膚科に行く」、 「処方された薬は量と回数を必ず守って使う」、「自己判断で勝手に治療を止めたりしない」ということが大切です。


炎症が鎮まり、肌のバリア機能が回復すれば、薬を止めて毎日のスキンケアだけでも肌の状態をキープできるようになります。 再発のリスクがあるのでスキンケアまではやめれませんが、アトピーだったことを忘れるぐらいまでは肌も回復します。


アトピー肌にも安心して使える「疑似角層技術」 詳しくはコチラ
Copyright © 2014 花粉症の肌荒れ対策~疑似角層スキンケア化粧品で肌を守る!· All Rights Reserved·